本文へスキップ

歴史ある建築を保存し、まちづくりに活かそう!

TEL. 090-1983-1366 

〒641-0056 和歌山市秋葉町3-20-703 郭家住宅の会 事務局 

活動概要ACTIVITY

活動概要

 私たちの会は平成29年7月に発足しました。その後、随時会報「異人館だより」を発行し、毎月日を定めて建物を公開しています。また、特別企画として下記企画を実施し、地域の方々にこの建物の保存を呼びかけるとともに、生活の潤いとなるような活用の提案を行っています。そして、行政にこの建物の保存と地域のために活用することを訴えています。  その結果、この建物の保存に向けて基礎資料となる調査報告書を作成するため、建築歴史を中心に医学史、近世・近代史等々も含めた総合調査を行うこととなりました。
 なお、本会設立以前の平成28年5月には、神戸大学名誉教授足立裕司氏(近代建築史)の尽力により、建築史学会から和歌山市長及び和歌山県知事あてに保存要望書が提出されています。

会設立以後の特別企画

お月見の夕べ - 洋館ライトアップとお琴の調べ (H29.10.1)

 中秋の名月の下、ライトアップされ普段とは全く異なる趣の洋館を背景に、琴と尺八の演奏を楽しみました。


郭家シンポジュウム (H29.11.11)

 県内の代表的な近代遺産として郭家住宅を取り上げ、東大名誉教授の藤森照信先生を招いて講演およびパネルデスカッションを行いました。県立美術館ホールで開催しました。


おもいで写真館 (H29.12.2-3)

  国道42号線の街並みは昭和40年代の拡幅工事で全く変わってしまいましたが、拡幅前の懐かしい写真を洋館1階に展示し大好評でした。


ひな祭り (H30.2.24-25)

  郭家に伝わる段飾りのひな人形や御殿びなの他、市民から寄せられたひな人形、また幕末から明治期の大型のひな人形などを、奥座敷を中心に飾り、大勢の皆様方に参加いただきました。


端午の節句 (H30.5.5-6)

  街中では見られなくなった鯉のぼりを前庭にあげ、洋館内には歴史ある武者人形や子供の和服の晴れ着、古い和紙製の鯉のぼりなども飾りました。


あじさい祭り (H30.6.8-10)

  会員のあじさい愛好家の提案を得て、洋館前庭に様々なあじさいが見事に咲き揃いました。洋館の魅力と相まってインスタ映えする魅力あふれるあじさい祭りとなり好評を得ました。